Q4:セミナーを受講して何ができるようになりますか?

回路設計段階の回路図におけるEMI課題に関係する部位(回路形態)を示し、その部位に対して実施すべき回路処理の方法を教示します。更に、その処理の有り/無しに関する効果をシミュレータで検証する方法を教示します。

3D-Simでのモデリング・計算を必要としないMBD (1D-EDA)の有効性を理解でき、且つオペレーティングできる技術が身につきます。個々のユーザー様の実際の設計の現場でのシミュレーション技術を向上させることができます。

これにより、特に回路設計者にとって具体的にやるべきことが明確になり回路設計者自らEMC設計を実践することができます。

EMI課題に対して、”勘と経験の出たとこ勝負の対応”よりも”事前にやっておくべき事の重要性”が分かるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA